吉田望のラートdeグルグルブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『空中ブランコ』に釘付け

20080725192307
先日、大熊猫さんに頂いた 『空中ブランコ』のDVDを母校体操部に持って行ったら 自主練習そっちの気で鑑賞会が始まり、結局最後まで釘付けでした。

観終わった後はみんなの笑顔が見れたのですっごく嬉しかったo(^-^)o

今日も後半練習 ガンバりまーす☆

とりあえず 一つ目の課題、宙返り降りは復活しました♪


スポンサーサイト

PageTop

番宣!!

ブログ、ご無沙汰しておりましたーm(_ _)m


さてっ 
本日
7/11 fir. 23:30~ WOWWOW 191ch にて舞台「空中ブランコ」が放映されます

本日です

WOWWOW入っている方はどうぞ、お見逃し無く!!

でっかい輪っかン中でグルグル回ってるの自分です


私の家は入ってないので友人にとってもらう予定

楽しみだなぁ

PageTop

好きな台詞

20080603210721
どもっ☆
前の舞台のメイク途中に撮った写真を今更のっけてみました。途中よ、途中。
本番中は毎日メイクしてたから最近めっきりスッピン派になってます。

今日もシルクの練習に行ってきたんですが…

明日は絶対 スパッツで練習するっv(`∀´v)って 心に決めた望です。

梅雨到来ですね。

かわいい長靴大活躍☆

さて、舞台『空中ブランコ』ネタなんですが、好きなセリフはたくさんある中で、特に好きなセリフが主役の精神科医(宮迫さんが演じてた)伊良部先生の言葉にあります。

『幕があけたら肩書きなんて、関係ないんだよ』

ラートでは日本代表として連続3回6年間は譲らなかった。インカレ優勝だってそうだ。プライドは高い方?かな。大学だって一応 国立エリート、しかし舞台ではそんな肩書き全く関係ないんだよ。そんな肩書きを時に邪魔に思うことがある。『すごいね』って言われることはあるけれど、目の前の事を一生懸命やってきてついてきた結果というだけ。舞台ならばまず、そんなタイソウな肩書きだったら、観る方のハードルが上がるでしょう。やはり競技とお客さんをいかにワクワクさせるかっていうのが命の舞台ではすべきことや表現方法が違うことは明らかでしょう。しかし、そんな肩書きがあっての仕事っていう場合だってあることだって理解してるつもり。私には今、アクロバットパフォーマーという肩書きが付くんだろうか、アクロバットダンサーという肩書きが付くんだろうか。 恐縮です。
まだそんな肩書き背負えないよ。
でも そう…
幕があけたら肩書きなんて関係ない
肝に銘じてどんな小さな舞台でも一生懸命演じてゆくよ!!!!
プレッシャーには感じないように、しかし、責任は持って!!!

『なんでも気の持ちようだから』

共感する場面はたくさんありました。
日常でありふれてます。
でも 追い込まれた時こそ、この言葉を自分に言い聞かせるんだ!!!!

今週は自分の中でかなり精神的にも体力的にも追い込まれるから、本当に困難なことが見舞われた時にこの言葉を自分に言い聞かせる。しょっちゅう言ってたら効かなくなっちゃいそうだからね(笑)

ってことで 明日も張り切ってシルクに巻かれて参ります!

あっ…
一生懸命ブログ書いてたら、降りる駅、降り損ねた(ToT)

… 目の前のことに一生懸命になりすぎた結果ですっ(^_^;)


PageTop

ラート体験会②

20080531214639
まだ『空中ブランコ』の気持ちが切り替わらない望です。

… ということで時がちょっと逆上りますが、ラート体験会レポです★

写真は酒井敏也さん♪
第一回体験会時に楽しい!気持ちよい! と予想外な感想を頂きまして、千秋楽前にも自ら回りました(^O^)
で、記念撮影♪

第二回ラート体験会は高橋由美子さん、FLEP FLAPのあいこさんゆうこさん、小林高鹿さんが回って下さいました!

千秋楽前にホールにたくさんのキャストの悲鳴(?笑)が響き渡りました(笑)

ラートに乗る機会は今の日本は本当に少ないですからね…

『空中ブランコ』を観劇した方はきっと一万人位かなぁ… ?

とにかくすごくたくさんの人がラートを目にしたことがある、ということになったのだから、ラートの普及に少しは貢献できたかな(*^-')ノ

さぁ 明日から6月!

倶楽部Gイベント(Gロケッツのファンクラブイベント)まで一週間(>_<)

明日から猛練習だっ(ノ-o-)ノ ☆

PageTop

さらば名古屋

20080527173816
平日のお昼にも関わらず、御園座は7割は埋まっていたように感じました。

名古屋4公演、無事に終わりました。
ありがとうございましたm(_ _)m
御園座は今までの劇場とは雰囲気も異なり、床もだいぶ異なっていました。

リノの下は足音が響きやすい歌舞伎の床が埋め込まれているんですよね。

床の話が出たんでもぅ一つ…
ラートと床の関係に関するお話しを。

ラートは床の素材(種類)によって加える力の強さやタイミングを調節してする必要があります。
特に周辺系の技をする場合は、床が柔らかければ反発が少ない分、強い力が要するわけで、その反面、堅ければ弱い力でも軽く回ります。

いつも練習している床によって堅い、柔らかい、ということが比較することができますが、私個人の意見としては、木の床が一番やりやすいな、と感じます。直転、斜転、跳躍、3種目とも。

あと、『たまに外ではやらないの?』と聞かれますが、床がフラットで細かい堅いゴミがあるようなところではできません。石ころがラバーに詰まります。傾斜は危険極まりないです!
ということで、皆さん、ラートは広くてフラットでゴミがない場所でしましょーねo(^-^)oすることを覚えていて下さいね♪

Gロケッツに入ってから様々な床で回らせて頂く機会がありまして、会場に行き、床の感触をラート越しに感じすぐに対応できる技術が身に付いてきた、ということは感じています。
今までで一番衝撃的だったのは、昨年静岡のグランシップというホールでラートをした時の話。
床が大理石でした!
ラートが負けました!ラバーが削げました(ToT)

しかし、斜転がとてもやりやすかった!!!

ラートが軽かった!!!!

ラートの話になると止まんなくなってしまうので、ラートの話はこんなところで。

さぁ 望はのぞみに乗って東京に帰ります!
さらばっ 名古屋!!!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。