吉田望のラートdeグルグルブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラートの豆知識(5)

たいへーん ご無沙汰しておりましたー。

ラートの豆知識のコーナー

お待たせ致しました!

通常のラートの日記の中でもちょくちょくと豆知識が出しておりましたが、やっぱり話題は分けた方がいいのかしら、と思って、ハイ豆知識のコーナー今日もいってみましょう


今日はラートと床質の関係について。

ラートは器具自体が常に床と接地するスポーツなので、床面の状態が、回転の早さや、進める力に影響を及ぼします。

自分の主観とラート仲間の意見をもとに、向いている床、向いていない床を書きます。

回り易い床質


平らな木の床

いわゆる、日本の体育館に一番多いタイプの床ですね。
まれにスプリングが入っている床もありますが、スプリングが入っていると斜転の面を切り替えす技の跳ね返り具合が大きくなりがちなので、普通の木の床がベストだと思います。

加えて言えば、直転、跳躍種目の場合、木目に合わせて回るとより、ガタつきなく、スムーズに回る事ができます。
090408_1320_01.jpg

なので、確保した体育館が木目が横ラインだった場合、縦を求めて、隣の半面エリアを少し拝借して、使える体育館が広いのにも関わらず、よく端っこで回っていたりします。
090408_1321_01.jpg


不向きな床質

柔らかい床質
  柔らかいとラートが沈み込んでしまい、スムーズに回りません。
余計な力が必要となり、技術が正確にできなかったり、姿勢が崩れます。
特に斜転は大きく影響し、小斜転(傾きが30°以内で回る斜転)から起こすのは力勝負です。
雨上がりの土の上を自転車で通る感じですね。

傾いている
これはかなり恐怖なんですが、ラートはまぁるいです。まぁるい器具を傾いている床の上においたら、傾いている方向に転がって行ってしまうのは承知のことです。
しかし、場所によっては傾いていてもやらなくてはいけない状況があるわけで、その場合には上りは力強めで、下りが力弱めで調整します。

固すぎる
固すぎると、直転や斜転の着地技による身体への衝撃が怪我に繋がる恐れがあること、素材によってはラートが削げてしまう恐れがあることです。

技術的には床が固いことはほとんど問題なく、むしろ、斜転なんかは軽い力で回る事ができます。

私は以前イベントで大理石の上でラートのパフォーマンスをやらせて頂いたのですが、ラート覆うラバーが大理石のつなぎ目で、深く傷つきました。特に小斜転への滑らせの運動の際に削げてしまったと思われます。

それを発見したときはかなりショックでしたね~


イベントなどでよくあるパンチカーペットも斜転をするとラートの方が負けてしまう場合も多くて、ラートのラバーは消耗品なんです。

このラバーだけ、キレイに張り替えてくれる会社?工場? 日本に無いかなぁ・・・

made in Germanyのマイラート、ドイツまで送って直してもらうにはいったいいくらかかるんじゃぁ・・・



以上、テーマ「ラートと床質」でした

あっ 言うまでもないかもしれませんが、屋外のアスファルトやコンクリートの上でラートが痛んでしまうので、特例を除いてやらないでくださいね
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。