吉田望のラートdeグルグルブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

実行する重要性

やはり、夢中になって練習している時期と違って、こう、怪我して立ち止まってしまう時はなにかと、よく色んなことについて考えます。


今日、ふと思ったこと。


でっかいくくりで言ってしまうけど、

日本人って愚痴は立派に言うくせに、他力本願だったり、見てみぬふりだったり、はっきり言うべき人に物事を言わなかったりする習性、ありませんか??

日本在住の外国人の友人とその友達と話していた時に、その友人が『彼らはまるでケンカをしているように、自分の言いたいことを言い合っているけれど、最後は笑顔で握手をして会話は終わるんだ』と言っていました。

それはただの自己主張のぶつけ合いかもしれません。

しかし、ストレートに双方の思うことを言い合い、それが理解、共感できなくとも、相手の考えを耳に入れておくだけでも、何かの時に『彼の言っていたことは、こういうことなのかも知れない』と思うときが来るかもしれません。

少し、分かり合えた気がするかもしれない。


日本人は、気を使いすぎたり、自己主張することに臆病になっている人が多いかもしれないなぁ、と思った出来事でした。




景気が悪いのも、全て政治のせい??

政治家をそんなに責めるなよ
君は景気対策の為にできることを何か考えた?


しつけができていないのは、学校の先生のせい??

それは親の仕事でしょう
教師ができる範囲のことと限度はありますよね。


あぁなって欲しいなぁ~ こうなって欲しいなぁ~  っとつぶやくけれど、君はその『なって欲しい』を『自分が実行することで変えられるかもしれない、やってみよう』という思考に変えることをしないのか?


と思ってしまうことがあります。


私も今まではそうでした。

文句や愚痴ばかりは言うのに、こんなちっぽけな自分にできることなんて、無いかも・・・

きっと、やったらやったで、『勝手なことをして』とバッシングを受けるのではないか。(受けたこともあります。当時は凹んだままでした。が、今は違う)

信用を失うのではな無いか。(若かりしころ失ったこともあるかもしれません。その当時の‘できない望’イメージを引きずっている方もいるかもしれません)

と、とても周りの評価を気にしていました。


『みんなと足並みそろえて』

『みんなと同じ』

が、少々、苦手という欠点も自分には無きにしもあらず・・・と思うことは時々あるのですが。
でなかったらラートなんて、始めてなかったかもな(笑)



でも、『こうなって欲しいなぁ』と思うことに対して、敵を作らずに、自分で実行に移せる方法も考えています。

そして、最近、一歩一歩ですが歩んでいます。

信用を失ってしまうのは、ほんの一瞬、些細なことかもしれません。

信用を構築するのは、とても時間のかかることだと思います。

そのことを、肝に銘じた上の、行動です。

熱意と希望に満ち溢れ、行動に移せる人間には、協力者は必ず、現れます。

ちっぽけな私は一人では何もできない。
けれども、少しずつでも理想に近づけるよう、努力を続けていれば、認めてくれる人、応援してくれる人が自然と集まってくれるものだと思います。

彼らの応援あっての実現であれば、叶ったときの喜びは数倍にもなります。

本人の気持ちが相手に響けば、年齢や肩書きなんて関係ありません。


だから、私は実行するんです。
若輩者でありますし、肩書きも中途半端だけども・・・

今まで文句ばっかり言っていた自分は嫌いだから。

だったら、自分がやればいいじゃん
もしくは自分が変わったら、誰かしら、何かしらに影響を与えることができて、根本的な解決の手助けとなるかもしれない。


そんな思考で、突き進んでいきたいなと思います。



『出る杭は打たれる』

覚悟はしていますが

まずは『出て』みないと何も始まらないから(もしかしたら敵だった人が応援者となる可能性もあると信じて)、とりあえず、挑戦し続けようと思います。


吉田望は皆さんの応援あっての吉田望で、歩むことができています。

ありがとうございます。

これからも応援よろしくお願いします
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009年09月19日(Sat)17:13 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。