吉田望のラートdeグルグルブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラートの豆知識(3)

大変ご無沙汰しておりました、ラートの豆知識のコーナー
第三弾はラートの器具についてです。

まぁ そもそも「ラート」は器具の名前です。

ラートは芯は鉄でその周りにラバーが巻かれてあり、手に触れる部分はステンレス製になってます(ドイツ製)。日本製はすべて鉄のものが主流です。

ラートのお値段は日本ラート協会を通して、購入するとドイツ製は約30万円、日本製は20万円前後だったかと思います。詳しくは協会へ。


ラートの部位にはそれぞれ名前があります。
まぁるい2本の棒をリング、それをつないでいる棒をバー、足をおく板をステップ、リングについているつかむ部分をリンググリップ、バーについているつかむ部分をバーグリップと言います。
図を載せたかったのですが、できませんでした
ラート協会のホームページには図がのってまーす。

分かりにくくてごめんなさい


さて、

よく、質問されるのですが、「ラートってどうやって運ぶの?」
この答えは「分解して運ぶ」です。

日本では2分割製と4分割製が存在しますが、メジャーなのは4分割です。

理由はもちろん、コンパクトになるから。

私のラートはドイツのラート職人さんから個人輸入&購入しました、4分割です。

080628_1213_01.jpg


こちらの写真は4分割したものをコンパクトの重ねたもの。これを車に積みます。
ちなみにこれは2台分です。
重さにして役100キロ。

二人で持ち上げ運びました(笑

ジョイント部分はこんな感じ
080628_1213_03.jpg
080628_1213_02.jpg


片方が突起で片方が穴ではめ、これをビスでとめます。

回っているうちに緩んでくるものなので、こまめに締めなおすことだ大切です。

さて、はじめに示した図にある部分をクローズアップするとこんなかんじです

バーグリップ(バーにグリップがくっついている)
080628_1036_02.jpg


ステップ(ベルトをはめ、一般的には足をおくところ)
080628_1036_01.jpg


なんか、中途半端な豆知識になってしまいましたが、どうかお許しを。


写真&資料不足でした
少しでも分かってもらえたら嬉しいです。

ラートの購入、レンタルに関しては日本ラート協会にお問い合わせください。
http://www.rhoenrad.jp/topics_flame.htm



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは はじめてコメントします 
ほんの駆け出しですがラート愛好者(?)のハシクレです・・・
ラートって楽しいですよね、でも奥が深くてなかなか思うようにはならず・・・少ない練習の機会を有意義に使えるようにアドバイスなんかも書いてもらえると嬉しいです

たむたむ | URL | 2008年07月08日(Tue)11:36 [EDIT]


たむたむさんへ

初コメありがとうございますe-129
たむたむさんは私とお知り合いかしら??
私が以前指導したことのあるたむたむさんかしら?!

ラートができる場所って日本では貴重ですから、日本のラーターは少ない時間でそれぞれに工夫して練習していますよね。
私はまだ、大学に出入りして練習するか、大学の卒業生で東京付近に住んでいる方と時間合わせて、体育館借りて練習しているのが現状です。

少ない練習時間を有意義に過ごすかは、その前準備にあると私は思います。次の練習のときに何がしたいか考え、そのためには何の予備練習が必要なのか、補助者は必要か、映像があれば、見てイメージトレーニングをして、練習当日を向かえる。ラートの触れる時間が少ないのならば、関連する練習は地道に他の練習場でやっておくとか。
私の先輩で、社会人になって練習時間が圧倒的に少なくなったのに、週1回か2回の練習でうまくなった先輩がいます。もちろん大会で結果を残し、世界に行った方です。先輩は練習量は減ったけれど、時間が無くなった分、貴重になった練習時間の集中力は高まって、密度の濃い練習ができたからだっておっしゃってました。
たむたむさんも、是非これからも、亀さんペースでもいいので、ラート続けていってくださいね♪

望 | URL | 2008年07月12日(Sat)22:12 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。